マルチタスク能力を鍛える ~実践編~

コラム・雑学
スポンサーリンク

ソラえもんだぉ~(´・∀・)
前回、マルチタスク能力とは何か、パイロットはどういう場面でマルチタスク能力が必要になるのかを取り上げました。今回はマルチタスク能力を鍛えるための実践編です。

マルチタスク能力を鍛える ~マルチタスク能力とは~
ぼくソラえもんです(´・∀・)昔からパイロットに憧れていた僕は、大学4年生の就活の時期にパイロットに必要な能力ってなんだろう?と思ってインターネットで調べ上げ、どうやらマルチタスク能力が必要らしいぞ。と知りました。JALやANAのエント...
スポンサーリンク

マルチタスク練習の注意事項

前回の内容と重複しますが、人間はすぐにマルチタスクをできるようにはなりません。必ず仕事の質が低下したり、ミスが起きます。そのことを念頭に置いて、訓練する場合は誰にも迷惑がかからない時に練習してね!
※運転しながらスマホの練習とかは絶対ダメですよ!!

普段の生活でできるマルチタスク訓練

僕が実践している、自宅でできる誰にも迷惑をかけない練習方法があるので、朝起きてから家を出るまでのマルチタスク訓練を公開します。慣れれば時間を有効活用できるので便利です。

最初にやらなければならないタスクを把握する

僕の場合、1.顔を洗う 2.歯を磨く 3.朝ごはんを食べる 4.お昼の弁当を準備する 5.シャワーを浴びる 6.アイロンをかける 7.着替える 8.荷物のチェック というのが朝必要なタスクになります。

タスクの優先順位を決める

絶対に必要なことから優先順位を決めます。僕の場合、1.歯を磨く 2.アイロンをかける 3.着替える 4.荷物のチェック 5.顔を洗う 6.お昼の弁当を準備する 7.朝ごはんを食べる 8.シャワーを浴びる というのがよくある優先順位です。(日によって変わります)

なるべく優先順位の高いものと低いものを同時に行う

いよいよマルチタスクのお時間です。ここで大事なのは、優先順位の高いタスクが疎かにならないように、片手間でもできる作業を裏側で行うことです。
歯を磨く時間は3分ほどかかりますが、歯磨きに入る前にケトルのスイッチを入れ、電子レンジに卵を入れ(毎朝目玉焼きを食べてます)、味噌汁の鍋に火をつけます。次にアイロンをしながら朝ごはんを食べながら、お弁当の準備です。フライパンにお肉を入れて火をつけたら、口の中にご飯を入れて、噛み噛みしながら丁寧にアイロンをかけます。時々フライパンの様子を見に行って調味料を足し、待ち時間でアイロンの続きをします。
…と、朝の変態な生活ぶりが全国放送されてしまいましたが、慣れると寝ぼけながらのんびり動いていても、これだけのタスクを20分ほどでこなせるようになります。٩(๑´0`๑)۶

マルチタスクの後は、必ず反省会をする

実はこれが何より一番大事です。人間は徹底的に訓練しないとマルチタスクはできません。必ず仕事の質が低下したり、ミスをしているはずです。(Wikipediaで紹介されているスタンフォード大学の研究結果によると、「マルチタスクは明らかに生産性を低下させ」るようです。)
必ず反省会をしましょう。歯は適切な時間をかけてきちんと磨けましたか?ワイシャツにシワはありませんか?お肉は焦げていませんか?流し台周辺が水浸しになったり、ゴミが散乱したりしていませんか?
普段よりも仕事の質が下がったことに気付いたら一歩前進です。どうすれば質が低下しないのか、どういう時に失敗しやすいのか、自分の傾向を分析して毎日確実に質を向上させましょう。この繰り返しで、精度の高いマルチタスク作業の方法が体得できると思います。

最後に、パイロットの訓練を受けてみて思うこと。
マルチタスクはフライト中は避けて通れないけど、普段はやらない方がいい。疲れるし、仕事の質が低下するし、ミスも起きる。だから特に仕事では周りに迷惑をかけないように、一つ一つ確実にタスクを消化することを強くお勧めします。
ヽ(ˇд ˇ;)ノ オコラレタクナイシ…

参考:
Wikipedia「マルチタスク (心理学)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました